ページトップへ

商品紹介

躯体を傷つけない空間構築

躯体を傷つけない空間構築の写真 1

■SmartInfill 内田洋行

躯体を傷つけない空間構築の写真 2

SmartInfill(スマートインフィル)は、「Box in Box」という空間構築手法により、躯体を傷つけるなど大掛かりな工事をおこなうことなく、柔軟に空間を構築することができます。
また、ICT機器や照明器具などを自由に取り付け・交換することができるので、利用シーンに合わせた「IT環境」を整備することができます。

躯体を傷つけない空間構築の写真 3

■01 カンファレンススペース
8~10人での使用を想定したカンファレンススペース。壁面にホワイトボードを設置し、スムーズな情報共有と意思決定を促します。

躯体を傷つけない空間構築の写真 4

■02 ミーティングスペース
4~6人用の小規模ミーティングスペースプラン。中間部をスチールパネルで区切ることで、限りあるスペースに2つのミーティングスペースを設置。

躯体を傷つけない空間構築の写真 5

■03 セミナースペース
コの字型に区切られたスペースは、ミニセミナーなどに最適なスペース。赤面の3面ホワイトボードはエントランスのサイネージスペースとしても効果的です。